2速の電気自動車

スポンサーリンク

ポルシェが BEV タイプの電気自動車であるタンカンターボとタンカンターボSを発表しましたね。

既存の車種に電池を積んだわけでなく、プラットフォームから開発した新機種になるのかな?

PORSCHEっぽいデザインでかっこいいね。
パっと見、モデルSと比較にしたくなるね。ちょうどメルセデスからも IAA でセダン型の電池自動車を発表したので比較表を作りました。

車種 メルセデス
ビジョンEQS
ポルシェ
タンカンターボS
モデルS
パフォーマンス
航続距離 700km 400km 590km
出力 477ps 761ps 800ps
トルク 760Nm 1050Nm 900Nm
最高速度 200km/h以上 260km/h 261km/h
0-100km/h加速 4.5秒 2.8秒 2.6秒
価格 不明 2200万円 1300万円

※予測値とメーカー公表値が混ざっていてゴメンナサイ。

スペックだけ見るとモデルSの方が遥かに上位だと思うんですよね。
不思議なのがタンカンは電気自動車なのに2速のトランスミッションを搭載しているようです。
はじめは300km/h以上を目指すのかと思いきや公表値では260km/h。
2速にすると航続距離が少し伸びるとの記事もあった。

ポルシェのEV「タイカン」の革新は、「2速トランスミッション」にあり|WIRED.jp
ポルシェが発表した同社初のEVである「タイカン」。その圧倒的な性能が注目されるなか、実は重要な革新がほとんど話題になっていない。それは業界初と

モーターはトルクがフラットと言ってもそれでも低回転領域と最高回転あたりではトルクが落ちるってこと?
だとするとサーキットのタイムを少しでも縮めるためっていうのだったらわかる。
PORSCHEはサーキットで早くてなんぼ!これなら納得。

テスラもはじめは2速トランスミッションを検討したみたい。
モデルS購入後直ぐにこの本買って読んでみた。トランスミッションについて触れていたよ。

イーロン・マスク 未来を創る男 | アシュリー・バンス, 斎藤 栄一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでアシュリー・バンス, 斎藤 栄一郎のイーロン・マスク 未来を創る男。アマゾンならポイント還元本が多数。アシュリー・バンス, 斎藤 栄一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またイーロン・マスク 未来を創る男もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

インテリアとかかっこいいよね。

コメント